小事争論 こじ

アジア服・南国よろず屋ままかのボス。まだときどきちゃぶ台をひっくり返したりするけどだいぶ穏かになりました。

考えて感じて考えて感じて Spice of Life

私がままかを始めた頃18年位前かね。

ベトナムで日本語教師をしてる友達が、技能実習生を教えていた。当時有名な起業家が彼らを買い取るみたいにして極寒の避暑地にある建築現場に連れて行ってたけど、あまりの過酷さに多くの実習生が逃げ出した。彼らはこっそり公園で寝て、日雇いの仕事に出かけ、毎日1個のカップラーメンでたくさんの貯金をした。やがて故郷に旅行代理店やパソコンショップをオープンし日本人と結婚。えげつないとかいう人もいたけど、私はよくやった!しかなかったです。あの頃から日本はこんな感じ。

 

f:id:mamakaboss:20180509002856j:plain

 

当時なら泥水舐めてもお金稼げればという人が、数多くいたかも知れない。でも今の日本ではリターンがそれ程大きいと思えない。

「とにかく働ける人が減っていくのだから来てほしいが10円でも安く雇いたい」といったところだろう。


外国人雇用は「学ばせてやっている代わりに安く雇える」といったものでも「言葉が出来ないのを大目に見る分安く雇ってやる」ものでもない。契約のある対等な関係です。それを経営者が腹から理解しなければ、まず社会の中で外国人労働者のイメージレベルがあがっていかないんです。

まずは、きちんとした雇用契約に基づいた安全と給与の確保。それがあってこそ彼らへの人権意識は高まっていく。帯同の家族は熱が出れば病院へ、子どもたちは公立学校へ安心して通えるようになる。そして彼らは日本で有力な消費者にもなるのです。

しかし今のままだと日常で軋轢や差別が起きてしまうだろうね。


地方都市ではすでに定着し始めて、うまく機能しているところもある。そういう場所では外国人から明るい気持ちでサービスを受けられる。どうやってコミュニケーションをとっているのか、真似したいモデルケースだなぁといつも思ってみている。こういうのは、国にこうしてどうしてと言ったって目の前の事象には間に合わない。

目の前の外国人を支えるのは、関わりあう我々なのですよ。お上は、その我々を支えればいい。末端の顔が見える関係以外のところに問題を逃がすと、絶対ズレる。

 

さぁ大変。ゼロから学ばなくちゃならない意識改革。大きなレッテルで「外国人」を見るのではなく、目の前のこの人と穏やかに有意義に過ごそうと思うこと。互いの違いを面白がること。これは子どもたちの為に頑張らなくちゃですよ。

 

子どもの時から、いろんな人と知り合うことはとてもいい事で、「〇〇人」と聞いた時に、「あの子とおんなじだなぁ」って名前が浮かんだりすると、不安から生じる疎ましい気持ちはなくなると思う。本当に些細なことだけれど。

 

うちの子は6歳でこっちに来てすぐイスラムの学校に入ったんだけど、90%が褐色からブラックの肌色です。ぴっかぴかの可愛いチョコキッズがたくさん!南アジアからアラブ、アフリカの子どもたち。完全に黄色いうちの子は少数民族です。さてしかし子どもにとって重要なのは「僕に話しかけてくれる子」「えんぴつを拾ってくれた子」「背中をばんばん叩いてくる子」など、自分とどう関わって来るかということで、肌の色なんて気にしてる暇はないわけです。先生もインド、バングラデッシュあたりは、腹に響くような語気の荒い英語で、でもそんなのは生活と共に慣れていく。そこを離れた今もなお、肌の色を怖がって会話を避けたりはしません。むしろ得意です。

 

だから、肌の色なんてどうでもいいことだ!

というわけでは全然ない。

有色人種の定義を「自分も折り込みながら」デリカシーをもって理解していく。

考えたり、感じたり、考えたり、感じたりを繰り返していく。

 

いま日本で暮らしている子どもたちが、将来何処で誰と暮らしてもいいように、違いを認めて面白がりながら、考えて感じて考えて感じてをして欲しいなと思う。

いつの間にか、偶然スタートしたプチ留学の活動も、めっちゃ同じことです。「どうして人と違っていてはいけないの?」違いを面白がれない国でお互いの首を絞めている。その同調圧力をぶち切るには、思い切って一度ポーンと離れるのが一番いい。人の目を気にしないで自分と向き合う。他者と出会う。

そこから、誰かと生きていくために、考えて感じて考えて感じてがスタートするんですよ。

 

私ずっと在日問題をやってきているのでね、そういうのほんと夢だな。

長い長い在日との暮らしの中で、日本人は同化する事ばかりを求めてきた。個が違ったままマーブルの様に混じりあうことを避けてきた。どうして違うまま共に暮らせないのか。どうして同じでなければ不愉快なのか。

 

いろんな人をまるっと認めてしまえるしなやかさが、人生を豊かにする。

多様性は人生のスパイスです。とてもいい仕事をするって思ってます。

 

 

不器用な小鳥たち

自己肯定感が低い

友達がいない

 

プチ留学の中で絶えない話題ですw

 

気持ちを分かり合える人たちの中に入って、喜びさえずる小鳥のごとく、プチメンのみんなはDMで盛り上がっていました。

 

f:id:mamakaboss:20181107141958j:plain

 

友達が出来ないこと。

それは本人に問題があるのでしょう?と言われそうです。いやそうかも知れません。でもなぜそれが問題なのでしょう。「友達がいないのは人として良くない」という思い込みは強固です。1年生になったら友達100人出来るかな?わくわくする歌だけど、人といるよりひとりの方がよほど孤独を感じずに済むものです。100人でおにぎりを食べる時、100人の中でひとりぼっちだったら、とても淋しい。そう思い込んでいる自分がいます。だけど、100人と一緒に山を登っても登っているのは自分自身です。風景を楽しみ、風を感じて、てっぺんでおにぎりを食べよう。一人の楽しみは失われていないはず。じっくりとトレッキングしようじゃないか。クラスメイトやご近所づきあいの中で、友達が出来ないのは当たり前です。たまたまそこに居合わせたご縁のある方たちだけど、気が合うとか価値観が合うかとかで集まったわけじゃないですから。程よい距離感で居心地の良い関係でいたらいい。この関係これはこれで、すごく自分を救ってくれることがあるもんです。私も屋台のおじちゃんとかのちょっとした声掛けでホックリすることはよくあります。クラスメイトも同じです。朝から晩までべたべた付き合わなくてもいいんです。学校は自分がツンケンしないで気分よく居心地よく過ごし、たくさん勉強してくればいい。誰にどう思われているかを気にしないですんだら、急に焦って友達つくらなくちゃとか溶け込まなくちゃとかに追われなくて済むようになります。もう我々は洗脳されちゃってるから、この解脱はなかなか難しいのですが、そうありたいものです。ひとりが楽しくなったら、どこへでも行けるようになる。誰とでもいられるようになる。

  

否定されるのではないかという畏れも大きいですよね。何度となしに否定されてきた経験。大事にしてもらえなかった経験がそうさせているのでしょう。自分が好きになれない、といっぱい聞きました。でもこの自己肯定感の低い人って、向き合ったこちらはとても話しやすいんですよ。自己低ジコテイ(新語)は謙虚だし穏やかな人が多いです。私はその人たちと向き合って話しながらワクワクしたし、いっぱい笑ってとてもチャーミングだな楽しいなと感じました。ひとりを楽しく過ごすなら自分と遊ばないといけないので、出来れば自分のこと好きな方がいいです。ぜひ自分の魅力を知って恥ずかしがってほしい。自己低(新語)なのに、「でもでも星人」な人は実は芯がとても強い。自分を認めない世の中が悪いとすら思っているのではないか。いいではないか。いいのだよ。ぜひ自分が強いってことに気づいてその強さを許して世界を許して、いやいや星人脱却出来たら楽だろうなと思います。もうどうにも自分が好きになれなければ、それはそれでいいと思ってしまうのも爽やかですよ。否定されることが怖くなくなったらいいわけね。それは完璧な自分をあきらめるってことなのかな。

 

仏教用語であきらめる、は明らめる

執着しない、とか、明らかにする、という意味だそうで

粋だなと思います。

どうせ死ぬわよ。楽しくしたい。そう思います。

 

プチ留学で集まった人たちの価値観は近いものがあります。私が募集をツイッターにこだわっているのもそれです。「こんなことを言ったら変な人だと思われる」毎日は知らず知らずに自分を抑圧していきます。「何を言ってもいい」世界があるとしたら、それがここです。私はそうあれと思っています。自己低だってなんだって、みんなそこそこいい年をした大人で結構な道のり苦労してきました。ちょっと変な人でもそれなりに受け止めて受け入れていきます。私は黙って見てますけど、さすが似た者同士のナイスフォローは見事。大事にしているものが近いってすごいことです。

プチ留学は、生き難さとか、不調和とか、思いわずらいとか、そんなことを感じたことがある人たちが多く集うので、その部分に関してはお互い受け入れようという姿勢を感じます。きっと多少抵抗あったりもするだろうけどまず受け入れようとしてる。昨日まで全然知らなかった人が、ほぼ無条件で否定せず話しが弾むのはすごい解放感をもたらします。どんどん楽しい気持ちになる。このままでいいんだよってお互いが言い合うことで、自分にも言い聞かしているのかも知れません。もちろん、そんなんキモいという人もいますでしょ。嫌な思いをすることもあるでしょう。手を広げている人もいる。でも飛び込んでいかない人もいる。それもまたプチ留学。近いってことは違うってことでもある。ひとりずつ人は違うことが当たり前、もう同じにならなくていいよってタイが、学校が教えてくれる日々ですもん。プチ留学の中では余計な圧力を感じずにいて欲しいものです。

 

理想的でしょ?だからプチ留学は非日常なんだよ。

だけど、これを腹にしまって日常に持って帰る。

そこからがはじまりなんだろうなぁ。

 

明らめて、受け入れて、許すこと。

手放して、丁寧すぎず、適当に。

人のせいにしない。

修行か!でも、基準は自分が楽しいかどうかで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その偽物は、本物ですか?

f:id:mamakaboss:20181026194653p:plain

Sex Robbots and Us を観て。

 

私はロボットが好きだし、クオリティとかリアリティとかって話には目がないので、思わず引き込まれて最後まで観ました。終始、興味深く。

 

1.現実と妄想の区別もつかないのか。

2.こういうもので発散できなくなったら生身に手を出すぞ。

 

二次元表現に寛容な人々がよく口に出す言葉です。

 

1.区別くらいつくわカス。

2.お前の脳は梅干し大か。

と、即答してきました。

 

でもVTRを観ながら、そういう単純な問答では片付かない時代になってしまったのだなと思い知りました。 

 


Sex Robots and Us (Full Documentary)

 

 

まず、孤独がすごい。

世界中が孤独。

特別な関係の相手もおらず、思いを果たしたい人もいるだろう。なんらかの事情で、生身の人間と関われない人も。そして自分の嗜好を他者に向けることが出来ない人も。相手が必要なことは容易には叶わない。だから必要な物なのだ、というのもありなんでしょう。そして出来ればセックスをするのにそんな事情いっさい考えたくない。好きな時に好きなだけ。それを叶えてくれるのがロボット。すべての煩わしさからの解放だ。いつも同じ態度で優しく接してくれ、うるさいことを言わず、何でも受け止めてくれる。人間には求められない無茶な要求までも!

 

解ってくれる!

受け入れてくれる!

 

でもその無茶な要求は、人間に向けて沸いた欲望で、人間にやりたかったことじゃないのか。いつも同じ態度で優しく、うるさいことを言わないで、解ってほしいという欲望は、人に向けられたものではなかったか。

全ての煩わしさから解放されたかったのに、セックスというものそのものが、ヒトの気持ちを追求する行為だったのだと思い至る。

まるで鏡の世界だ。

 

人の欲は闇だ。

溢れんばかりの孤独がうずまく闇だ。

 

想像だけど、購入者はロボットに優しく接するのではないかと思う。

ドール愛好者はすでにメディアにも登場している。

ロボットに出来ないことは愛を返してくれることだが、皮肉なことに、永遠に愛で結ばれることの出来ないロボットだけが人の身勝手な愛に寛容だ。

 

 

プレゼンターが子どもサイズのロボットを見て涙を流したことを、すぐに共感できなかった人は多かったのではないかと思う。あらゆる欲望が手に入る東京やバンコクで、この手のものはもはや、人を売ってるわけじゃないからましな方。とも言えるだろう。しかしよくあることだからいいってわけじゃない。

幼いボディを発見した時のプレゼンターの感情をもう一度想像してほしい。

私はここでその感情をどうやって文章化しようかと小一時間悩んだけど、適切に表現できなかった。動揺、は感情じゃないけどやはり適していて、あれを見て「ああ!」と思うんだよ。あまりにも残酷でむごいことなのだよ。

 

例えばこれが自分の子どもにそっくりのロボットで、それが買われていったとしよう。本人じゃないのだからと、我慢が出来るだろうか。

あらゆるエロコンテンツに自身の性が多用されることに慣れすぎて、私自身が女であるのに、等身大の女の形にはまったく驚かなかった。人によっては首のない子どもの形でもピンと来ないだろう。でももし、それが自分の子どもの形をしていたら?

日本人はどの国の人よりも肉体にこだわる民族だと思っている。どんなに遠いところでも墜落事故があれば、故郷に肉体を持って帰ろうとする。死んだら魂になって故郷に帰れる国とは、違った概念があると思う。腕の重さとか、肌の質感とか、髪の匂いとか、日頃私たちが五感で感じている体の具現化。きっと日本人はすごいクオリティで作り上げるだろう。私たちはきっとロボットに心を寄せることが出来る。

あのスピルバーグのAIみたいに。 

 

フィクションとノンフィクションの境目はどこか。

妄想と現実の区別もつかないのか、と堂々と仰る方は、笑いながらロボットを殺すことが出来るのか?目の前にあるそれが偽の命だったとしても、そこからあらゆる感情が引き出される対象である以上、自分の感情はリアルなのだ。目に見えないが、現実としての情が発生する。

ボコボコに出来るロボット、サンドバックロボットも欲しいな、という意見も目にした。そんなことをいう奴はもう終わってるし、そんなやつのために便利なコンテンツとして暴力が産業化されていくのはまったくもって不快。命があるとかないとかどうでもいい。痛めつけられたり壊されたりする様を見たくはない。

同じように、その幼い体が引き裂かれる様を容認できない。現実の子どもと縁を切って冷静に見ることも出来ない。本体は痛みも感じず死にもしないからこそ安心して子どものロボットを買うという人もいるんだろう。しかしそれを買う人が本当に一番したいことは、生きた本物の子どもを愛し愛されたいということだし、永遠に叶わないその欲望を再認識することになる。だから犯罪が増えるかとか、ついに生身に手を出すかどうかは、個体差のあることだからわからない。ただ、すべての煩わしさから解放されるために命のないロボットと交わるのに、愛とまったく関係ない世界になんかいけない。

だいたい、愛と関係なくやりたいことが出来る人は、もともとロボットなんか要らないのです。もう人間でやってます。

 

胸糞の悪さや怒りというよりも、かなり悲しい。

孤独と欲の闇の深さが怖い。

そして、私たちのリアルの輪郭など、実に曖昧で壊れやすく頼りないことを知った。本物そっくりなフェイクがリアルを連れてくる。妄想と現実の境目などもともとなかったかのように。この市場はすごい。ますます求められ確実に大きくなるだろう。

人が人から逃げれば逃げるほど、求めていることを知ってしまうパラドックス。己の闇がますますむき出しになってしまうという不条理に痛んでいるうちはまだいい。今の私たちのようにいつか人は必ず慣れる。その時、どうなるんだろう。

 

ロボット大好きなんですよ。

便利とかすでに死んでるとか思わないで、ロボットも大事にして下さい。

これね、ないがしろにしていい都合のいいものを求める下劣さなのですよ。それがちまたに溢れかえってて、これはその一部。

結局、人が人を大事に思えるかどうか、そこを問われているのではないかな。

だから、超危ういと思っている。

 

いま湧いたんだけど、あの小さなサイズのボディを見つけた彼にシンクロするとね「戦場の死体の山から子どもを発見してしまった時」の「ああ!」にとても近い。どうしてこんなことにと。あってはならない事実、償いきれない懺悔、贖罪。

さらに、脳裏をよぎったのはクローン羊や人豚ハイブリッドなど。欲望を弄くり回すことは、別の命で人の命を補ったりする事と同じ。神の領域への踏襲だ。命も欲望も、なりふり構わず全てをコントロールしようとする今、私達はどうやって産んだり育んだりしていくんだろう。

私は自由な表現を好むし倫理的な人間でもない。でも胸に一瞬の痛みが走ったことをよく覚えておきたいと思う。たかが空っぽの体の事だが、そこには何かがぎっしり詰まっている。

 

つながり

朝一番に見かけたツイートが、すごく不快だった。

 

ざっくり言うと、「かわいいわね」って赤子に近づいてきたけど、「でも触っちゃいけないのよね。娘にも言われているわ」って爽やかに去っていった人にとても気の利いたBBAだったと。

その行為を褒めて、ぶら下がってるリプも「ほっこりしますね」「いいBBAだ」と、たくさんRTいいねされていた。

「足の先っちょくらい触らせてあげてもよかったかもねw」って。私には何がほっこりなのかさっぱりわからない。

小さな赤ちゃんを育ててるお母さんが、病気や暴力を恐れて人に触らせないように過ごしているのはよくわかっています。

でもさ、自分に都合よい行動をしてくれた人を

ナイスBBAって。

私ももうBBAだし従ってわたしの母もBBAじゃない?こんな言い方されるんだなぁ。

ほっこりいい話にしてる20代の若いお母さん達みんなが違和感なさそうなのに衝撃うけました。

もう言われなくても人の子どもなんか触りません(真顔)

 

f:id:mamakaboss:20181019155514j:plain

 

このツイートを読んでいたら、昔公園で会った

ステキなおばあちゃんを思い出しました。

そのおばあちゃんとうちのグレイトな娘のお話です。8年前の記事ですが再掲します。

 

つながり

久々にうららかな春の陽気。
近所の公園で思い切り双子を走らせる。

いつもは防寒フリースぐるぐる巻きでバギーに押し込められているモカさんもこの日は抱っこされベンチに腰掛けてひよひよの毛を風にそよがせていた。


彪が走ったとたんに転倒して地中から飛び出していた木の根っこで鼻を強打。マンガで絆創膏が張られる位置へキレーにスマッシュ流血し鼻がぶーっと膨れて腫れた。

モカを抱いたまま惨状を見守っていたが、どうやら病院へは行かずに済みそうだ。

その時、私の腰掛けていたベンチを諦めようと方向を変えかけたおばあちゃんがいた。彪を気にしつつも「あ、どうぞどうぞ空いています」と私の隣を指差しお引止めした。「いいんですか?ありがとうございます」とおばあちゃん。

「あらあらあらかわいらしい」と我が家の朝青龍に目を細めて下さる。

遊んでいる双子を見て興味津々<双子について不思議に思っていた素朴な疑問>をいろいろと尋ねて来られる。「年子とどっちが大変か」とか「同じ物を欲しがるか」「どうやって授乳したか」とかいつも聞かれる他愛のないそんな話だ。

だけど私は機嫌よく饒舌に答える自分に気付き、このおばあちゃんなんかとても気持が良いな~と感心したのだ。

「この人のおばあちゃんはまだ70前ですけど、私のおばあちゃんはもうすぐ90になるんですよ。私の母つまりこの人のおばあちゃんが面倒を見に行ってますけど、2歳の双子とまったく同じく、日に何度も同じ話をしなくちゃならない食べる物も柔らかくって塩分控えめでまったく同じ。でも同じ話をせがまれてもなんでも子供はかわいくってしょうがないのに自分の母親にゃ腹が立つのよしょうがないわね~って言ってますよ」なんて言うと笑って

「どうですか。90歳ってどんな風ですか?」

「どうって言いますと?」

「何処までみてもらってますか?どうなりますか?」

「いえ全然寝たきりとかではないです。ただ本当に日に何度も同じ事を言うってだけで」

「それはまぁお幸せなことですねぇ。90で生きるってどんな風でしょうね」と。

日常会話より少し踏み込んでる感じがあるのでちゃんとテーマを話し合ってる実感があるのだな。受け答えも反応も早くて的確。本当に見かけはごくごく普通の梅干系ばあちゃんなんだけど、いったいどんな人生歩んで来られたのかな。

 

そのうちモカが目を覚ました。

おばあちゃんに手をさし出している。

「わーうれしい。でもおばあちゃん手が汚いから触れないよ。シワシワでばっちっち」と。「最近のお母さんは皆さんウイルスやら何やらとても心配されているでしょう?私も容易に触ってはいけないと気をつけています。シワシワでやーね」とモカを見て笑う。思わずそう吹き込んだ誰かに、キュっと腹が立つ「そんな事ない。優しい手ってよ。ねモカちゃん触ってもらいなさい」とモカの手をおばあちゃんの手に近づけていった。「いいんですか?」と言うが早いかしっかりとモカはおばあちゃんの手を握った。そしてまさに破顔の笑み「ナイスモカ!」と私は心で叫んでいた。

だってその瞬間のおばあちゃんの笑顔はそのモカの100倍くらい輝いて本当に本当に嬉しそうだったから。

「あったかい。柔らかい。こんなに小さい人に触れるなんて、なんて久しぶりだろう」

モカの手はいつも恐ろしく冷たいのだがそれを温かく感じるなんておばあちゃんの手はもっと冷たいんだ。その90になる私のおばあちゃんも、モカを初めて見せた時同じ事を言って、ずーっと抱いていた。子供をたくさん育ててもっとも子供の側にいた人生を送ってきた人達が、年老いてその小さな塊と一番遠くに暮らしている。

孫でなくても誰の子だってそういうのはもうぜんぜん関係なく、きっと大きな命の流れを小さな手のひらから感じ取っているんだろうな。年寄りと赤ん坊は一番遠いものじゃなく隣同士なもののはずなのに、そうなれない世の中ってとても寂しい。こんなにきちんとしたおばあちゃんですら疎まれて仕方ないと思っているなんて。


その時、私の友人が現れておばあちゃんはさっと席を外し彼女に譲って、これまた遠慮させない絶妙のタイミングで帰って行った。

 

老いた者に学ぶべき事だとか相互扶助とか、そんな狙い済ましたつまらない事でなく、普通に年寄りと赤ん坊が気楽に暮らせるふっくらと豊かな世の中は、素晴らしく贅沢で健全なのに、そう出来ないでいる。

そうさせない世の中を作っているのは他でもない赤ん坊と年寄りの真ん中にいる私達だ。その人の孫でありその子の母である私達だ。

 

なんてセンスがないんだろう。

なんて面白くないんだろうね。

 

 

 

 

プチ留学2019<春の宵>募集します。

ちょっと気が早いけど

春プチの募集を開始しま~す。

まだ手を挙げるだけでOKです。フライトなどはセール情報などを見ながら絞っていきましょう。

 

f:id:mamakaboss:20181004170129j:plain

 

 

 

■開催期間■ 2019年3月中ごろ~4月12日のお好きな日程

まずノンビザでタイに滞在できるのは29泊30日です。

4月13日から学校がソンクラーン(タイのお正月・水掛まつり)でお休みに入りますのでそれまで通えます。4月12日までの29泊30日以内で滞在が可能です。

せっかくなので、4月13~15日のソンクラーンに参加してみてはいかがですか?タイ全土で行われるので旅行も兼ねてぜひ。でっかい水鉄砲で撃ち撃たれの水浸し祭りです。毎年200人くらい死ぬ。タノシイヨ

参加者の多い日に大ままかバーを予定しています。タノシイヨ(参加は任意)。

この辺りをちらっと念頭に入れて予定を組んで頂けますと幸いです。

 

■最低参加期間■ 上記期間内において2週間以上

どんだけたくさんいても、2週間以上は同料金!

たっぷり2週間以上の滞在をおすすめしています。

プチ留学式のコンセプトは、暮らすように過ごす。

どうぞたくさんの時間を使ってゆったりと先生やお友達と関わってみて下さい。

ひとまず2週間以上いられる方から募集を開始します。その後、もし参加人数に余裕があれば短期を二次募集します。1週間くらいを予定されている方はちょっと待っててくださいね。

 

■年齢■ 3歳~13歳■

学校にはYear5まであります。Year5はおおよそ11歳が就学しますが、英語がまったく話せない子は学年を下げて対応しますので13歳くらいまで受け入れられます。ちなみに、参加者はほぼ英語がしゃべれないことを前提としています。大丈夫。

 

■費用■

  3歳~9歳 THB13800 ご兄弟お一人につき+7500

10歳~      THB14800 ご兄弟お一人につき+8500

 

①上記の金額は、1か月!( ;゚Д゚)の授業料、ままグロ家族年会費、プチ留学攻略ガイドブック(PDF配信)、現地参加費が含まれます。すでに会員の方は、上記より9999円差し引いてのご請求をお送りさせていただきます。

②ままグロ家族年会費はワンファミリー制。ご兄弟分は不要です(∩´∀`)∩ワーイ

③バンコクまでの交通費、滞在費、スクールバス代、各アクティビティの食費・交通費は別途必要です。

参加が決定された方へは正式な請求書をお送りさせて頂きます。

 

そういえば・・・

滞在費って、いくらくらい掛かるんですか?ってよく聞かれます。

バンコクの物価は年々上昇し、特に高いのは家賃と学費です。

学費にいたっては年額50万円なら良心的な方で上は200万円とかザラ。

家賃も上がっています。在住者は家賃も年契約なので交渉の余地がありますが、短期の1か月に快適な立地条件に住むと思うとそれなりの覚悟が必要です。

ままグロでは、

①スクールバスが確実に来る!

②1か月でもマンスリー契約が可能

③お掃除食器洗いもしてもらえる!

④ママが遊ぶのに便利!

そんなサービスアパートメントや

①酔うのでスクールバスに乗りたくない

②掃除や食器洗い要らない(しかしボスはしつこくサボることを勧めてきます)

③アレルギーや離乳食にどうしてもどうしてもキッチンが(しかしボスはし

などのニーズに応えて滞在先のオススメが可能です。

ちなみに全部プールやジムがついてますよ。

15000THB(1room)~25000 大家族35000THB(2bed) 目安。みておいてください。

他、食費に関してはひとさら100円~1000円で、屋台からミシュラン星付きのお店まで選べます。こちらの食材を使っている日本のレストランや、オーガニックやビーガンなどもたくさん。せっかくなので、その手から包丁を離して毎食ワクワクしましょう。タイでは毎日三食外食もフツーです。料理は趣味みたいなもんです。作るより買う方が安いこともしばしばなので罪悪感ゼロでおっけ。

   

 

おおむね、日本で使う1か月の生活費をご用意ください。

しかし、そこには家賃はもちろん学費も、ワクワク外食費、たまのレジャー費、毎日お掃除や食器洗い、入り放題のプールなどが含まれています。たぶんおつりがくると思う。あ、あと飛行機代。これはLCCなのか大手航空会社なのか荷物があるのかないのかにもよります。セール情報を共有してなるべく安くゲットしましょう。平日の移動が可能ならLCC往復2万円~。沖縄経由でピーチのセールにうまく乗っかれれば片道4900円も夢ではありません(冬プチなん人かはこれ)

節約生活トライが目的の方もいらっしゃるし、これまた下げようと思えばいくらでも下げられるのがバンコクのいいとこでもあります。が、お金は使ってみて初めてその意味が分かるってこともあって、出来ればやってみたいことは我慢しないでやってみたらいいと思います。バンコクはお金がいくらあっても足らない街で、でも貧乏人にも優しい街。節約よりも少し贅沢寄りでお金を出すとそれを実感できそうです。実生活により近いイメージになると思います。わずかな差額で大きなサービスを得られることはタイランドあるあるなんでございますわよ。

 

【なんでも自分でコース】しかない。

プチ留学体験は移住シュミレーションを兼ねています。フライト、滞在先の手配、学校への質問やお願い(英文)も全部自分でやります。特に学校とのやりとりは今後役立ちますよ。どれもひとりで考えたら怖いけど、参加者全員がいるチャットグループでなんでも相談。みんなで考えてすぐに問題解決の糸口が見えてきます。もちろん私も常駐です。即レスです。そしてプチのガーディアンズによる「プチ留学攻略ガイドブック」が、全参加者に配布されます。スマホにダウンロードしておけば、出発前からバンコクの道端までフル活用できます。体験談も胸アツです。

  

 

【募集期間】集まり次第終了。

ツイッターからのみ募集します。質問もツイッターで。

  

 

 

 

 

ままかグローバルは、留学斡旋業者でも移住エージェントでもありません。このなるべく安く好きなだけ、ぜひインターナショナルスクールを体験しなさいよって言ってくれる学校と、いろいろ考える私がたまたま意気投合してやっている企画です。なのでいつまで出来るかわからんです。1年でも長く続けたいと思ってやってますが、なるはやがいいに越したことはございません。まじで。

私の親友、この学校のスクールコーディネーターであり科学者であるラフィーザは「学費を理由に学校へ通えないなんて、実に不愉快だ」といいます。私も、日本の一般的な家計のお家で海外留学が、手に届かないほど高額なのはどうかしてると思っています。

誰もが好きな場所で暮らせるように、世界にはいろんな場所があって、自分の足で行けることをみんなに知ってほしい。自分のことを誰も知らない土地で、少しホッと出来るってことを知ってほしい。ままかグローバルがその最初の一歩をお手伝いします。

必要な人に届きますように。

そして賛同して下さる、お父さん、お母さん、先生。最高かよ。

 

 

 

 

 

 

プチ留学の維持、存続をご支援下さい

 

 

今ならプチ留学ガイドブックのプロローグが無料

 

 

mamakaboss.hatenablog.com

 

 

mamakaboss.hatenablog.com

  

mamakaboss.hatenablog.com

 

 

 

大人のためのサマーキャンプ

スパークルジョイクラブ X ままかグローバル

コラボのスペシャルカリキュラムでお送りします。

大人のためのサマーキャンプ English Camp for you 

 

f:id:mamakaboss:20180922013520g:plain

 

ぶっ通し1日4時間を最長2週間!

仕事も家事もしないでどっぷり英語に溺れよう!アタマ爆発!

聞いた英語を日本語に訳してまた英語に直して発語していませんか?

今回の目的は、英語で瞬時にアウトプット出来るようにします。

すべてのレベルに対応できるメソッドです。

ぜひ有休を駆使して駆けつけてください。

お子さんは、ままグロのプチ留学でお預かり!

インターナショナルスクールのレギュラー授業に参加します。

 

 

■サマーキャンプ実施期間■

2019年6月17日~28日(2週間のうち平日)

サマーキャンプの日程はもう決まっています。

ここに合わせてお集まりください。

※お子さんは「大人のサマースクール」開催期間外もお預かり出来ますが、学校が7月から夏休みに入るので、ノンビザの最長29泊30日の滞在となると、通学できるのはおおよそ6月いっぱいとなりますね。

※大人だけでご参加の場合、7月も開講可能となりました。お問い合わせ下さい。

mamakaboss@gmail.com

 

■参加者の概要

すべての大人たち。中学生から一緒に学べます。

ままグロでお預かり出来るお子さんは3歳~13歳です。

 

 

■最低参加期間■ 

3日間(12時間)から受付ます。

ビギナーから上級者までご参加いただけますが、3日間コースだけは中級レベル以上での参加をお願いします。またこの3日間は水木金でご参加下さい。

ビギナーやブレイクスルーを狙う方は、断然長期がおすすめです。

2週間どっぷりしたら、きっと英語が面白いことになりますよ・・・

  

■費用■ 

 

★40時間キャンプ(1日4時間x平日10日間)

     なんと 39,600バーツ オススメ!!(∩´∀`)∩

 

☆20時間キャンプ(1日4時間x平日5日間)

グループレッスン(午前開催・2~4名)

     なんと 19,800バーツ

16時間 17800バーツ

12時間 14800バーツ

 

※テキスト資料、プチ留学攻略ガイドブック(PDF配信)、参加費、事務手数料等が含まれます。ランチ代は別途必要です。

※40時間どっぷりキャンプは、20時間キャンプのプログラムを2クールやります。練習法に慣れ今度は違うトピックやお題にチャレンジします。

※スパークルジョイクラブではお友達と一緒に参加するとお得になるシステムを採用していますが、ままグロコラボならひとりで参加してもお得!あなたのお友達はままグロが探してきますのでいつでも「お友達とご一緒価格」です!

 

 

お子様をままグロが預かりする場合

 

上記英語レッスン費+プラス

  3日間 9100

  4日間 9800

  5日間 お子様1名 10,300バーツ~(10歳以上+1000B)

10日間 お子様1名 13,800バーツ~(10歳以上+1000B)

3歳~9歳 お子様2人目~7500

10歳~  お子様2人目~8500

上記10日間の価格で1か月通えます。いっぱい学校行きましょう。

ままかグローバル家族年会費、プチ留学攻略ガイドブック(PDF配信)、現地アテンド諸経費他が含まれます。

※ままグロ家族会員の方は上記金額から年会費2900バーツを差し引いてのご請求となります。

※バンコクまでの交通費、滞在費、スクールバス代、学校のアクティビティ実費、ままグロのイベント参加時の食費・交通費は別途必要です。

ままかグローバル家族年会費はワンファミリー制なので、ご兄弟分は不要です。

 

 

 

この企画の良いところ

いつも英語を習いたいと思っているけど、気づくと今年も何もせず除夜の鐘の音を聞いている。なんでかっていうと、毎日やることがいっぱいあるから。ですよね。

思い切って短期の語学留学もいいけど、高いし、その間子どもをどうするの?

私はプチ留学の中で親御さん、特にお母さんの変貌ぶり解放されっぷりを見てきました。普段、子育てだと思って頑張っていることのほとんどは家事で365日子どもの顔を見ている暇もありません。自分のやりたいことなんて二の次さんの次。でも、この旅ではまず家事から解放されてしまいましょう。部屋のお掃除や食器洗いは宿におまかせ。洗濯も300円も出せば畳んでもらえます。ご飯は近くの屋台や食堂、たまには世界各地から集まるミシュラン☆レストランを楽しむのもいいでしょう。子どもが帰ってくるまでの間、しっかりと英語を習い、子どもを寝かしつけてから予習復習。一歩外へ出れば英語の実践が待っています。この環境を利用しない手はないです。

 

また、この企画でなにより来てほしいと思っているのは、将来英語環境で暮らしてみたい夢見る大人達です。安いゲストハウスから高級ホテルまでホスピタリティーもコスパも素晴らしいバンコク。街では様々なシーンで実践を積むことが出来ます。週末はバンコク近郊へ旅へ出たり、夜はクラブやバーにくり出してもいいですよね。遊びは予習復習です。とにかく頭の中を思い切り英語にシフトしましょう。様々なバックグラウンドを持ち異なる文化の中で生きる人々が、さらっと肩を並べて暮らすバンコク。その懐に入り、心溶かされてください。帰りにはどんなあなたになっているのか、とっても楽しみです。

さあ、忙しいなんて言い訳はもう通用しません。

ばっちりやりますよ!

 

スパークルジョイクラブについて

☑外国人と英語でコミュニケーションを取りたい。

☑英語で話したいが緊張してうまく口から出てこない。

☑お決まりのあいさつは出来ても会話が5分以上持たない

☑頭の中で英語を日本語に翻訳している。

そんな悩みを解決します!

経験豊富なイギリス人講師と日本人講師2名体制で授業をします。

今持っている語彙力を最大限に引き出し、やさしい英単語を駆使して自分の思いを伝えられるようになります。英語を英語のままで理解する。間違えても気にしないメンタルの強さを身に着けよう!

基本の5日間のプランが終わった時、英語をスムーズに話している自分と出会えることをお約束します。今回は最高10日間のチャレンジが可能です!

 

www.facebook.com

 

プチ留学2018<冬の陣>募集します。

■開催期間■ 11月中ごろ~12月21日

まずノンビザでタイに滞在できるのは29泊30日です。

22日から学校がお休みです。New Years Holiday(12月22日~2019年1月6日)

12月5日、10日は祝日です。8~10日に小旅行へ出られるとよいでしょう。

15日に大ままかバーを予定しています(参加は任意)。

この辺りをちらっと念頭に入れて予定を組んで頂けますと幸いです。

ビザが切れなければクリスマス休暇をタイで過ごすのもいいですね!

 

■最低参加期間■ 上記期間内において1週間以上

2週間以上の滞在をおすすめしています。

可能な限り、暮らすような滞在を心がけてください。たくさんの時間を使ってゆったりと先生やお友達と関わってみて下さい。

冬プチは日本の学校のお休みと重ならないので、二の足を踏まれている方が多いようです。そこで短期も募集します。まずはご希望の日数をお聞きして応相談ということで。その場合学費は日割りですが、短い方ばかりだと先生のお給料が捻出出来ず開催出来ないってこともありえます。ご了承ください。

 

■参加年齢■ 3歳~13歳■

現在SISはYear5まであります。Year5はおおよそ11歳が就学しますが、英語がまったく話せない子は学年を下げて対応しますので13歳くらいまで受け入れられます。

 

■参加費用■ 3歳~9歳 THB13800 ご兄弟お一人につき7500

      10歳~   THB14800 ご兄弟お一人につき8500

 

①上記参加費には1か月の授業料とままグロ家族年会費、プチ留学攻略ガイドブック(PDF配信)、施設費などが含まれます。

②ままグロ家族年会費はワンファミリー制。ご兄弟分は不要です(∩´∀`)∩ワーイ

③日割りは9日以下から、兄弟分や諸経費と合わせてお見積もりをお送りします。

④すでに家族年会費をお支払い済みの場合は差し引かれてのご請求となります。

⑤バンコクまでの交通費、滞在費、スクールバス代、各アクティビティの食費・交通費は別途必要です。

参加が決定された方へは正式な請求書をお送りさせて頂きます。

 

【募集期間】集まり次第終了。

ツイッターからのみ募集します。質問もツイッターで。

長期の募集が落ち着いた後で、まだ空きがあれば短期を二次募集します。

@mamaka_boss

 

 

f:id:mamakaboss:20180907163314j:plain

それでさ、昨日の続きだけど。

 

■学校で何をするのか→ただ生きてればよし。

英語がわからないのは当たり前。それを恥ずかしく思うことはないです。SISはイスラムの子どもたちが多く通っていますが、彼らの母国語も英語ではないのですよ。インド、パキスタン、バングラデシュ、アフリカ、サウジアラビア、シリア、イラン、イラク、モロッコ、タイランド。なので、英語が出来るようになるまでの大変さはみんなが知っています。そして話が出来なくても、人は身振り手振りや表情などのありったけを使って何かを伝えようとします。そしてちゃんと伝わることを知りましょう。小さい子は泣いたり怒ったりバタバタしたり雄弁です。でも大きくなるとなかなかそうはいきません。そして自分が英語で問題が解けないことを恥ずかしく思うこともあります。例えば10歳なら10歳の、13歳なら13歳のプライドで、きっと悲しくなることもあるでしょう。それはとても素敵なことだしうんと悔しがってください。でもよく見てみて。先生や友達は言葉ではないサインを送って何かを伝えようとしていますよ。とにかくどこかにヒントがあります。ああ!って思うことが増えてくると、悔しい気持ちはだんだん穏やかになっていきます。時々ボケーっとしたりしてとにかくそこで生きていましょう。

SISのお友達は、時々日本人の子ども達が遊びに来てくれるのを楽しみにしています。恥ずかしがり屋さんなので、なかなか目を合わせられないかもしれないけど、目の横が下がって嬉恥ずかしそうにしてるのも見逃さないでw

私の知ってるある子は英語がまったく出来ず中学生でバンコクへきて、今はタイで大学生です。日本にいると髪型がどうだとか、服がどうだとか、小さなことが違っているととても気になります。彼は眉毛がつながっていて、日本の学校ではそれをすごくからかわれていていやだったんだって。でもこっちに来たらインド人もアフリカ人も目の周りはもじゃもじゃで、全然目立たない。と、いうか誰もそんなこと気にしてない!もともと人間はみんな違うじゃない。人種によって骨格も肌の色も違うし、それぞれが何をかっこいいと思っているかも違うんだもん。違うことを前提に、一緒にやっていくにはどうやって許しあったらいいのか。そこだよね。小さいことに縛られていたら進まないw きっと、あなたはみんなと同じじゃないと落ち着かないっていうどうでもいいことから解放されるでしょう。それからお友達の顔をよく見せてもらってください。長くてくるっとした睫毛や(眉毛はつながっている)、漆黒の美しい肌、細くて長い手足。どれも私たちが持っていない美しさ。そしてきっとお友達は日本の子の美しさをみつけてくれます。食べるもの、着るもの、お祭り、そして神様。顔と同じように文化もルールも違うのです。お互いがそれ素敵だねって思って暮らせたらいいなと思います。いろんな人がいること、世界は広くて自分はちっちゃいこと。ちっちゃいけどひとりしかいなくて特別なこと。そして意外と強くてどこでもやっていけるってこと。

きっと実感できると思うよ。

 

■お父さんとお母さんへ

本当の主役はご両親、とくにお母さんだと私は思っています。

とにかく、がんばらないで生きてください。

基準は楽しいか楽しないか、やりたいかやりたくないかで。

タイは家事の代行も安く、けしてお母さんの仕事ではありません。

お父さんも人生の棚卸だと思って。↓これよく読んで。

mamakaboss.hatenablog.com