小事争論 koji-souron

アジア服・南国よろず屋ままかのボス。まだときどきちゃぶ台をひっくり返したりするけどだいぶ穏かになりました。

とことこチェンマイ いよいよままかツアーズ出発!

さぁ大変だ。
記憶との闘いですよ~ 脳トレかよ~

ままかバーメンバーが一堂に集うこの日。
一堂に集うっつっても飲み会までめいめいやりたい事があって、なかなか集まりません!
さすがレギュラメンバー自由!

この日のツアーメニュー

朝市→陶芸→温泉→飲み会

どうですか。最高です。

朝市
カミムラ一家はホテルで朝ご飯を食べ、お迎えのソンテウでFarmer's Market Jingjai に向かいます。そうです。今日はソンテウ貸し切り!他のメンバーはすでに市場で朝ご飯を食べているはず。かわいい赤のソンテウには添乗員さん?も付いて快適です。
JJmarketは、オーガニックの野菜や蜂蜜などがいっぱい。活気があり自然派好みのちょっとおしゃれなお洋服なんかもあり。そうそう木陰のマッサージもありました。出来れば近くに泊ってちょいちょい来たいなぁ。mksabaiさんが逆方向に進んでいるなどのプチアクシデントはあったものの、朝ご飯を食べているとこへうまいこと合流。わいわいやっておる。飲み会合流予定のなんちゃって夫婦も気まぐれにいたらしいが行き違い。なんでかスリパカードの大家さんもいる。なに一緒に行くの?あれ偶然なん?なんなん?w アテンドしてくれてるtonburiさんのお友達A子さん(推定60ちょい)が「陶芸?温泉?私も行っていいですか?」ってええぇ初めて会ったけどええかええよねええ!と一緒に乗り込む気でいたら「あ、今日ハーブサウナの予約してた」と去っていかれました・・・。自由!




陶芸
陶芸に向かうはずのソンテウが、勝手な判断で温泉に向かっているという事態に気付いたtonburiさん。緊急停止そしてUターン!またしてもプチアクシデントでしたが我々はえへらえへら乗ってただけ。ゆえ少々遅れて陶芸到着。tonburiさんのお友達家族と合流です。以前からその存在は漏れ聞こえておりましたチェンマイのオリジナル衣料店nanairoのしんちゃんご一家。こちらの姫様がこの工房の先輩であります。遅れて着いたのに「用意があるから珈琲でも」とおっしゃって頂き、美味しい~~~珈琲と手作りのお菓子を頂く。まったり・・・。
cm201604.jpg 
ここでまったりしすぎだったと後からご指摘を頂きましたが?あらやだ。

色付けの出来る白い土、風味を生かした黒い土。アトリエを拝見したメンバーは創作意欲を刺激されあんなの作りたい!と人気は黒い土に。私はどっちでもいいです。もう子どもが作る様になるとあれですね、親のあたしには創作意欲ってもんがあんまないんですよ。オマケ気分だから。「どっちでもいい」と言ってたら白い土が来ました。ひんやりと冷たい土を触ったら「ちょ、うるさい」とむくむくやる気が。目指すは毎日使う大きなマグカップです。私の横でtonburiさんがスベスベ滑らかな大きな珈琲カップを作っている手際が良いむむむむ、でなに私は失敗を恐れてついにハンドルを付けられなかったんだけど誰にも言わず、ま、まいーかと、言う事で心の中で湯飲みに変更した。一応、芸術学部の学士ですハイ。絵付けは少し乾かしてからなので、その間にお昼を頂きました。鶏のスープとパッタイその他いろいろ・・・すごい美味しいしすごい量なのちょっと待って下さい。私たちこのワークショップ土代ランチ込みで500バーツしか払っていないのに(団体割引お友達価格?)この工房のタイ人カップルが本当にいい人でアーティストとしても先生としてもとっても素敵なんです。そうそうランチの時にnanairoのお姫様つきちゃんが「島人ぬ宝知ってる?つき歌えるよ」と、突然、僕が生まれたこの島の空を~~♪と歌ってくれました。わわわわすっごくかわいくて両手でぶちゅって潰したくなる衝動にかられました。ありがとう癒された・・・。人も風もなんて気持ちのいいところなんだ!
しかしまるですれ違うよなスピードで止まらないままかツアー。もっと話したいもっと作りたいと、後ろ髪を引かれる思いで工房を後にします。
cm201601.jpg 



温泉
じゃじゃ~ん。知る人ぞ知るドーイサケット温泉へやってまいりました。タイ人の家族連れで賑わっています。しかし我々には時間がない。飲み会の時間が迫っているのだ。天然温泉の湯気が立ち上り温泉川を水着で戯れる子ども達。ドライブの途中でちょっとひといき足湯を楽しむ人たち。それを横目で見ながら我々が足早に進んだ先は個室温泉!しかしどうやって利用したものか。受付の様な所はないし・・・サーラーで休憩しているおばちゃんらに「お風呂入りたいんだけど。大きい部屋大きい部屋!」と声を掛けるといっせいに否定的な振る舞いが。どうやらお一人様80バーツの豪華個室は満室の様子。それではと、いっそう雰囲気レベルだだ下がりの・・・Nonnon!!マニアックで本格湯治場を思わせるほったて小屋へ。こちらはお一人様40バーツ。
詳しくはこちらの方のブログを・・・→Kumi-Logさん詳細ありがとうございま~す。次回行く前も自分のじゃなくてkumiさんのブログ覗いちゃうと思います。
※ええ、あたしに情報を期待しないでください。ただの思い出語りですから!しかも年齢特有の記憶障害が!

で、中に入ってみますとですね、ででーんと深くてでっかい浴槽がありシャワーがひとつポツンと設置されています。水です。これが子どもに大ウケ。お水でキャーキャーお風呂でアチチで・・・で、子どもがそんなに持つと思いますか?皮下脂肪が少なくてプールの冷水にも風呂の温水にも耐えられない双子・・・やはりたいして温まってもいないのにたちまち終了ですチーン。しかし、しっかりと今日の汚れは落として後は寝るだけ(すっぴん)状態でお母ちゃんは出て参りました。爽快。モカを入れてくれていたHさんに「頭も洗ってるし!」と突っ込まれましたよ。うん、洗ったよ・・・今日はもうおしまいハート。風呂上がりに大人はビール、子どもと私はソフトドリンクで乾杯です。引き続きサーラーで休憩するおばちゃんに謎の果物を頂いたり、やたら温泉卵作りを推してくる日本の旅人などとやりとりしてたら丁度いい時間になりました。日暮れの空に虹が。
cm201602.jpg 

飲み会

さていよいよ飲み会のお時間です。ここまで朝市→陶芸→温泉→飲み会と。私は「やりたい」と言うだけで間髪いれずにベストチョイスをしてくれたtonburiさん。素晴らしい。ままかで秘書として雇いたいただし少しの間苦労をさせることになるぞ。いいのか。まぁ何を聞いても即返事が来る。欲しいものは何でも揃う。ネット界のドラえもんですジャパネットタカタです。
cm201609.jpg 
見た目とのギャップがたまりません。ありがとうございました。


そのtonburiさんおススメの北タイ料理のお店「フアン・ムアン・ジャイ
真っ暗だったため、料理の写真がまったくない!ほんとクソwww情報価値なしですな~
都会の人が勝手にイメージしたセンスのいいタイ料理とは違った、とても実直な郷土料理です。バンコクチームからしたらめっちゃリーズナブル。ここでままかバーるあぱかばーる!

cm201605.jpg 
どうですか。ちゃんとテーブルにプレートが。

なんちゃって夫婦もやって参りました。こちらも今日は温泉だけど優雅な方へ行ったらしい。ヘー
今日はmksabaiさんとこのお姫さんハルちゃんと我が家オクトーバーズの合同お誕生日会として、またしてもグリーンデイズからケーキを届けてもらいました。予定時刻ぴったりに「着きました~」って電話がありお店の門まで取りに行きましたけれど、何か言いたげ・・・だったけどなんか気を取り直して爽やかに帰っていきました。開けて納得。ぐっちゃぐちゃでーす。

cm201606.jpg 
えーいよかよか食べたら同じよ!整形しつつろうそく点火です。
生クリーム美味しい!

北タイ料理もいっぱい食べました。ゲーンハーレー、イサーンソーセージの長~いサイウアなんかが美味しかったっす!


はい帰る!

cm201608.jpg 
鈴なりですね。

これもうほんとうにね。出会った人皆さんいい人で、一緒に行ったメンツは相変わらず自由で気持ち良く、いや~~チェンマイが大好きになってしまいました。
仕事をいっさいしない旅も板に着いてきましたけどそれでいいのか。
って、思ったよね~。物づくりをする人がたくさんいるチェンマイでたくさん刺激も貰いました。がんばらないで続ける方法をこれからも模索したいと思います。

cm201603.jpg 


みなさんありがとう。
また遊びましょう!