小事争論 koji-souron

アジア服・南国よろず屋ままかのボス。まだときどきちゃぶ台をひっくり返したりするけどだいぶ穏かになりました。

ソンクランを終えて 今年の反省

わざわざソンクランをゆっくりと楽しむためにホアヒンへ行ったのに、例年ホアヒンのソンクランは1日だけですっぱり終わりなのだそうです・・・いつもより濡れの少ないソンクランで今年は終了。

当初の計画では3日間フル参加では子どもが持たないのではないかと、繁華街から離れたところに2泊して2日目だけ参戦しようと思っていたのです。しかし思うように宿が取れずに結局ずっと繁華街にいることになったのが不幸中の幸い。あのまま浜のはじっこに泊まる計画だったら、たった1日だけの貴重なソンクランにすら遭遇できないところでした(`・ω・´)

はりきってソンクランの2日前から乗り込んでいる我が家。

ちょっと時間の掛かったドライブが老体に堪えました。昼に着いちゃったのにグズグズです。

初日の晩ごはんはナイトマーケットでソムタムプーマーやらヤムタレーやら。

2015huahin01.jpg

生の渡り蟹を入れたソムタム。新鮮じゃないと大変なことになります。

食べてる間も、ぼんやりしてると傷みそうだよ。パクパク食べてしまいましょう。

翌日はカオタキアブで海水浴。

高~~(´Д`)~~い、お馬さんに乗って、砂を掘って、波に浮いて。

2015huahin02.jpg

2015huahin03.jpg

さぁいよいよソンクランです。

朝早過ぎて誰も応戦してくれませんが、ホテルの通りはスプリンクラーから水が沸いて、ソンテオで行きがかっただけの人までびしょぬれです。たまねぎを載せているトラックはその水に掛からないような位置で上手に信号待ち。

さて、では母は3ℓのタンクを背負って子を従えて海へ向います!

うぅやはり気が早過ぎて大した戦闘になりません。

そのうち海に到着してしまった。海まで来てしまえば誰も濡れるのを嫌がりません。そんなところで戦ってもなんの意味もないから海はもういつも通りのまったり・・・。ここで昼過ぎまでだらだらしたのでやはりソンクランはまだやってきません!

昼寝したりお菓子を食べたりなんだかんだ3時。

もう盛り上がってるだろう~~と言うことでシビレをきらした母は子を従えて再出発。

2015huahin05.jpg

ゲストハウスの立ち並ぶビーチサイドはそこそこ盛り上がっていますが、今度はちょっと遅かったのか人々は酔っ払い過ぎて意思の疎通が難しい感じに。

ゆっくりと笑顔で近づいてきたサドゥみたいな人も目が血走ってて、じっとしてたら優しくほっぺに白い粉を付けてくれました。酒くせえ。

2015huahin04.jpg

車の陰に身を隠しながら攻撃する双子。

いっぽう娘はもう疲れて泣き顔。父と共に後方に控え怖い顔して攻撃されないようにしてました。

なんとこれまた驚きなのは大きな車道では戦闘が行われないのですね。

うっかり大通りに出たらすぐホテルに帰り着いてしまったという・・・(´Д`)

それがまたタイミングの悪いことに、私達が出発した後ホテルも参戦していて、大きなカメに水をたっぷりたたえて盛り上がってるではないですか!なんだ海まで行かなくて良かったんじゃん!通りの向かいには特設ステージが出来てて、なにやら有名な人のライブ真っ最中。これがなかなかかっこよくて音も良くて(・∀・)私は大喜び。しかし「寒い・・・」と子どもらは終了宣言。まぁ明日も同じ様な一日があると思っていたので、私もこれにて終了と。着替えてしまったのでした。

で、あんた、翌日はフツーの日ですよ。

昨日のびしょ濡れライブ行っておけばよかった_| ̄|○

来年は素直にシーロムの水掛に参加しようと思います(・∀・)

ひとつ大きなトピックは、ソンクランのビーチで双子のおばあちゃんと出会ったこと!

すっごく素敵なおばあちゃんたち。

ノルウェーから来られたそうだけどタイ語も上手だったからこちらにお住まいなのでしょうね。

顔や表情はもちろん歩き方や後姿もそっくり!

うちの双子がおじいちゃんになっても仲良く旅行なんか行って欲しいなあ。

twinsxtwins.jpg

快く一緒に写真を撮らせて下さいました。その撮影をお願いしてたらすぐに周囲もその意味を理解して「あ!すみません、こっちもいいですか?」「あ、私もいいですか?」とちょっとした撮影会になってしまいました。

今頃知らない人のFBにでも載ってるんでしょうかwww