小事争論 koji-souron

アジア服・南国よろず屋ままかのボス。まだときどきちゃぶ台をひっくり返したりするけどだいぶ穏かになりました。

みんなのお誕生日

現在33週。 9ヶ月に入って2週間が過ぎようとしている。ハヤーイ!! お腹パンパン。張りもずしーんと激しく頻繁になってきて、いよいよ な感じ。今は胃の方まで子宮が上がってきているので、きゅーん、 っとくる張りもお腹全体を鷲掴みにされているみたいで苦しい。 いやぁ、とてもじゃないけど40週までなんてもたない。 いえ帝王切開だから40週には出しちゃってるんだけど、双子同様 に35週辺りで突然破水とかしちゃいそう。 で、10ヶ月になったら提出と言う事になっているバースプランを 昨日早々に持って行ってしまった。 帝王切開だけどカンガルーケアしたいとか、痛くて死にそうでも 初乳を与えたいとか、痛いの怖いとか、細かい事をいろいろ書き連 ねたが、私が気にかけている重要事項はたったひとつ。 腹の人の誕生日を双子と同じにして欲しいなーってこと。 出産ターゲット週に兄ちゃん達の生まれた日があるなんて、 なかなかない偶然なんじゃない?全然知らない人でも同じ誕生日 ってお!っと親近感湧いたりするし。同じ日だったら楽しいなあ と思ったんだよね。しかし残念ながらその日は病院で予め決まっ ている手術曜日ではないのです。繁忙な先生が診察も手術も 一人で切り盛りしているから、恐らくは無理な注文なんだろうぁ。 それになんかこう~、こう言うリクエストって実にくだらない? だけど一生の事で大事なような気もするし。どうなんでしょう? どうも言いづらい感がある。しかし世間的には帝王切開を希望日 でやってくれるって病院、結構多いのだとか。「えー!それは是非 言ってみな~」と助産師さんも言ってくれてるし・・・。 あり得ない程の我侭ではないぞ、たぶん!と自分を勇気付け いよいよ相談してみたのであった。 おずおずと語る私をなぜかニヤニヤ見ながら「えー?28日? 無理無理。だって手術日じゃないもん。それにまだ早いって」 腹の人にとって早過ぎるのであれば私だって無理は言いません。 それはもう腹の人のペース重視でお願いします。 「11月のあたまもしくは早くても30日だねぇ。手術日だから」 あれ?やっぱり、早いってより手術日が優先?! 「イベントがたくさんあった方が楽しいじゃん。また次の週に お誕生会やればいいよ」と先生。 別にお誕生日会なんて何回だってやってやるっつーんですがね。 そう言う事じゃなくってさ。 しかしこれ以上頑張っても意味ないな~、と思った私は場を 和まそうと「前週の21日は私の誕生日なんですよ。10月はお祝い 目白押しで。ハハ」と明るく言ったが「別にお前の誕生日なん て聞いてないって」って顔されちった!!ちーっ あーん、それにしても、残念でした。 しかしこの妊婦たらい回しなご時勢、今更病院を変えられるわけも なく、安全第一で行くしかないよね。先生の腕は良いと評判だし、 嫌味な性格も嫌いじゃないよ。信頼してます。根拠はないが。 うーん、そう言いつつグチグチ言うとだなー クレジットカード使えないし、夫やばあちゃんすら来院可能なの はやたら短い面会時間内のみ。診察は予約とは言えやたら混ん でてだから診察はやたら短くそれもばっさり叱咤←結果、良い事 でしたが。分娩中に音楽とアロマのサービスがあるらしいのだが 、これも私の場合は半分意識不明みたいなもんなので意味ない し~。カンガルーケアもお腹がぱっくり割れてる状態だから ダメらしいよ。ああっ 「あなたの理想のお産を叶えます」って謳ってたってやはり 所詮は病院主導の世界。勘違いしてはいけない。ここはキレイに 見えてもホテルではなく、病院なのですから! なかなか思い通りにはいかないのは、当たり前。 しかし坐骨神経痛で死にそうな時に電話をしても「休みだし何も出 来ない」と先生がそこにいるのに電話にすら出てくれなかったの は寂しかったかな。その時にはっきりと「この病院」の性格を 掴んだけど。早くにインプットされてそれはそれできっとよかった。 今は腹の人が元気にこの世に現れて、あたしの痛い時間が短め でと願うばかり。すっかりシンプルな希望になった。 でもさ、もういっちょ本音を言うと・・・。 だったらもっと安い病院でも良かったじゃん? わー